Workshop in Sedona ブログ 海外クラスについて

2019年4月:セドナでのワークショップ番外編:Wi-Fi事件

投稿日:

2019年4月のセドナでのワークショップ参加については、
こちらにまとめていきますので、ご覧いただけましたら幸いです。

 

ヒューマンデザインをますます愛する諸星和子です。

 

2019年4月6~7日の週末に行われた
メリーアンさんのワークショップに参加した際の
経験をシェアさせていただいています。

 

今回は番外編ですが、よろしければ
お付き合いいただけますか?

 

 

海外旅行するにあたって、
通信手段の確保は何より大切です!!

 

特に今回は、現地からライブ配信する予定もありました。

 

最近のホテルや宿泊先には、だいたい
Wi-Fiが完備されているとはいえ、
外出先で必要になることもありますし、
やはり自分でも持っておきたいと思い、
海外Wi-Fiをレンタルいたしました。

 

乗り換えのシアトルに到着した際に試し、
ちゃんとつながることが確認できてほっとしました。

 

 

そして無事にフェニックス空港に到着し、
シャトルバスに乗るところだったのですが・・・

 

丁寧なシャトルバス乗り場の案内を
日本語で絵付きでいただいていたにも関わらず、
その場所を見つけることができませんでした。

 

困ったときのための日本語サポート!
そこに電話をしてみました。

 

ちなみにその電話ですが、Wi-Fiにつないだ状態で
Skypeクレジットを使えば一般電話にもかけることが
できるとSachikoさんから聞いていて、

 

海外電話ではなく、Wi-Fiを使って電話しました。

 

電波のつながりがいいように、
カバンの外に出しておきました。

 

・・・・・・・いやな予感がしてきましたね(^O^)

 

電話で話しながら、あたりを見回し、

 

「ええ、いまここにいて・・・・そうなんです、
9番出口を出て・・・・ターミナルは・・・・・えーと・・・・

 

あっ、分かりました!あそこの看板ですね!
あー見つけました。ありがとうございます!!!」

 

とその集合場所に向かい・・・・

 

その場所にいた他の日本人と話し始め・・・・

 

無事にシャトルバスに乗ってセドナに向かいました・・・・・

 

 

あれ?Wi-Fiは??

 

と気付いたのは、おそらく30分以上経ってから。

 

だってその時、同時進行で、
靴底はがれる事件も起きていましたから。

 

 

あの、Wi-Fiは・・・・・

 

レンタルなんですけど、
返却する必要あるんですけど、
え?これもし無くしてたらどうすればいいの??

 

何をどう考えても、その時点で
空港に戻ることはできません。

 

一番後ろの席に乗っていたので、
運転手さんに相談することもできません。

 

運転手さんはきっと、一日に何度も
空港とセドナを往復するのでしょうけど、
忘れ物の対応なんてしてくれるのだろうか・・・

 

と、あれこれ考えているうちに
セドナに着きました。

 

 

おかげさまで無事に宿泊先に到着してしまい、
もうこうなったら、どうしようもないので、
ホストに挨拶と自己紹介するなり、

 

靴屋に連れて行ってほしいことと、
Wi-Fiに関して空港に電話してほしいと頼みました。

 

なんて迷惑な客(>_<)

 

ちなみにですが、落とし物窓口のことは、
英語で lost and found と言います。
https://www.skyharbor.com/ShopsFoodServices/Services/LostandFound

 

彼女は親切に空港に電話してくれて、
すでに窓口は閉まっていたものの
電話に出てくれた人に事情を話して
出来る限りの対応をしてくれました。

 

そして翌日、
Wi-Fiが見つかったと連絡くれたのですが、

 

・それが私のものだとどうやって証明するか
・そしてそれをどうやって受け取るか

 

という問題がありました。

 

そもそも私のものではないのですから、
メーカーも機種も覚えてないし、

 

機械の表にパスワードなどが書かれていましたが、
記憶のかけらもありません。

 

宅配で送ってもらおうにも、私にはワークショップがあり、
宿泊先の人も出かけるので受け取れないとのことでした。

 

 

そんな私にすごいアイデアをくださったのはSachikoさん。

 

・Wi-Fiのサポート窓口に相談してみれば、
何か証明するヒントがもらえるのではないか

 

・Sachikoさんが泊まっているホテル宛に送って
フロントで受け取ってもらえばいいのではないか

 

もー、神の声ですよ!!

 

そのアイデア通り、Wi-Fiのサポートに電話することで
表に書かれていることがすべて分かりました。

 

そしてさらに、ホテル宛に送ってくださいと
空港の落とし物窓口にメールしました。

 

これで無事に解決したと安心していたのですが・・・・

 

 

メールの返事が来ないことが気になって
宿泊先のホストに聞いてみたところ、

 

「あなたがメールしたはずと言ったんだけど、
届いてないって電話あったわよ」と。

 

いや、そんなはずは・・・と思い、
送ったメールを彼女に見てもらうと、

 

アドレスを1文字打ち間違えていました・・・・・

 

その日は金曜日。

 

土日2日間の休みに入るため、
滞在中はWi-Fiを受け取れないことが確定(T_T)

 

 

結局どうしたか?

 

帰国便は早朝6時だったため、
前日からフェニックスに
移動する予定を立てていたので

 

窓口が空いている時間に着くように
シャトルバスの時間を早めて、

 

前日に窓口に行って、受け取りました(^O^)

 

でも・・・・

一体何だったんでしょう・・・・・

レンタルした意味があったような、なかったような・・・・・

 

-Workshop in Sedona, ブログ, 海外クラスについて

Copyright© とことんヒューマンデザインシステム , 2019 All Rights Reserved.