Not here to work Workshop in Sedona ブログ 海外クラスについて

2019年4月:セドナでのワークショップ1:参加までの経緯

更新日:

ヒューマンデザインをますます愛する諸星和子です。

 

2019年4月、セドナで開催される、ヒューマンデザインの大ベテランの先生であった(現在は引退されている)メリーアンさんのワークショップに参加します!!そのことについて、ここから何回かに分けてお伝えしていきたいと思います。お付き合いいただけますか?

 

こちらにまとめていきますので、ご覧いただけましたら幸いです。

 

 

このワークショップが開催されることを知ったのは、2018年11月、尊敬するヒューマンデザイン仲間Sachiko Gさんからの情報でした。

 

私もさっそく主催者のメリーアンさんにメールし、参加希望の旨を伝えたのですが答えはNOでした。なぜなら今回のワークショップは、「以前にイマージョン(メリーアンさんのワークショップ)に参加したことある人限定」の特別な内容だったからです。Sachikoさんは参加したことがあるのですが、私はなかったんですよね~。

 

「まあ、それなら仕方ない」と納得しましたが、どんな決断でも変わる可能性はあるので、タイミングが来たらもう一度聞いてみよう、と考えていました。実際その時点でSachikoさんとも、「なんだかんだ言って行けたりして(^O^)」なんて話していました。

 

それが本当に行けることになるとは!!

 

しかも私が「タイミングが来たからもう一度聞いた」わけでもないのに。

 

 

2019年2月のある日、あと1週間くらいで、私が考えていた「もう一度聞いてみる」タイミングになろうとしていた時、Sachikoさんから連絡が入りました。

 

それは、メリーアンさんが「今まで参加したことない人を受け入れることについて、今はYESの反応をしているらしい」という内容でした。

 

最近誰か他の人が同様の質問をして、それに対しての反応がYESだったので、以前NOだった私のことを思い出してくれて、メリーアンさんがSachikoさんを通じて連絡をくださろうとしたのでした。

 

それを聞いて私から改めてメリーアンさんにメールし、「私が参加してもOKですか?」と質問しました。そこでYESのお返事をいただき、今回の流れになったのです!

 

 

この流れには見えないキーパーソンがいますよね!

 

2019年2月、「誰か」がメリーアンさんに質問したことで反応がYESになった、という点です。

 

これが誰かを知ったとき、私は鳥肌が立ち、叫んじゃいましたね・・・・

 

完璧すぎる・・・・・・・すべてが完璧すぎる・・・・・・・・

 

私は、ヒューマンデザインでいう「ストラテジーと内なる権威」の実践をして本当に流れに乗っている時は、まるで追い風が自分を動かすかのように、渡り鳥がただ風に乗って移動していくときのように、楽に自然に物事が動くと表現しているのですが、

 

まさにそうとしか言いようがない流れがここにありました。

 

ここから話の流れが少しシフトするので、続きは2以降でお伝えしていきますね!それまでお待ちいただけますか?

 

ありがとうございました!

-Not here to work, Workshop in Sedona, ブログ, 海外クラスについて

Copyright© とことんヒューマンデザインシステム , 2019 All Rights Reserved.