ヒューマンデザイン海外講師紹介:Dr. Andrea Reikl-Wolf

ここでは、今まで私がお世話になってきた海外の先生方をご紹介していきたいと思います。
お付き合いいただけますでしょうか?

2015年1月から始めたIHDS(国際ヒューマンデザインスクール)での受講、
最初の講座はダーマンとリーラからでしたが、次に受けたのはこのアンドレアさんの講座でした。

今までアンドレアさんから受けた講座は・・・・・あまりにもたくさんあり、
2020年1月現在、今でも3つの講座を受けています。

私がアンドレアさんから受けた講座

2015年 Rave Sociology(1年半)、Differentiation Degree(2年半)
2016年 Geometry of Life、Dream Rave Analyst(1年)
2017年 The story of Human life、Rave cosmology – The Bhan Tugh Plates、Race cosmology – The Nature and Mechanics of the Rave 2027 education、Rave cosmology – Dying, Death and Bardo
2018年 Holistic Analysis Postgraduate Program、​Variable Teacher Training
2019年 Cross of life workshop、​Rave Cosmology – Brahma’s Long Night and Beyond、PHS workshop、The Mystery of Life & its Matrixes series
2020年 Stumbling Block or Chance、The RAVE SOLAR YEAR – The Yearly Journey through the Wheel、Sex Talk Part I-3

アンドレアさんは3/6ピュアジェネレーターで、その肩書からも分かる通り、科学者なんですね。
Molecular Geneticistとのことなので、分子遺伝学者ということで良いかと思います。

そのキャリアを捨てて(と言っていいのかな?)ヒューマンデザインを極めていらっしゃる方です。

ヒューマンデザインを、確固たる科学的裏付けを持って説明してくださる先生で、
時には詳しすぎてよく分からないこともありますが(いや、いつか分かるかも)。

2020年1月現在アンドレアさんは、週5回?毎日異なる講座をしているようで、
その精力的な勢いに本当に圧倒されます。

それも、繰り返し開講しているシリーズものではなく、
今回初めてのワークショップが3つありますからねー(私も受けています)。
そしてそのどれもが本当に面白いので、アンドレアさんの講座はついつい受けてしまうんですよね。

リビング・ユア・デザイン(LYD)を受講したばかりの人でも受けられるような
一般向けワークショップを開催したかと思うと、

Differentiation Degree(PHSとレイヴ心理学)やコスモロジーなど、
ヒューマンデザインの中でも専門性の高い講座もやっていらっしゃる先生です。

一度お会いしてみたいと常々思っています。

3年ほど前から、よく台湾で講座をやっていらっしゃるようです。
会いに行きたいなーというか、日本にも来てくれないかなーと思うんですけどね。

2015年、私が初めてDifferentiation Degree(PHSとレイヴ心理学)を受けたとき、
その専門的な内容に英語でついていけるか、本当に不安でいっぱいだったのですが、

他でもないアンドレアさんが、本当に辛抱強く私のつたない英語に付き合ってくださり、
さらにクラスメイトのあたたかい励ましもあり、なんとか講座をこなすことができました。

特に2年半にも及ぶDifferentiation Degreeが終わったときは、まさに感無量でしたね。

アンドレアさんの講座は、あんまり「聞いてるだけ」というのがないんですよね。

ワークショップなら、一人一人のシェアリングが求められるし、
Differentiation Degreeなどの講座なら、認定試験もありますし
(講座によっては口頭試験、筆記試験、論文とか)、
一種の緊張感を持って、でも楽しく受講している感じです。

チャートの見方、分析の仕方、受講生のガイドの仕方、言葉の表現、
講座で見るもの聞くものすべてから学ばせていただいています。

学んだことをしっかり消化して、私のリーディングや講座に活かしていきたいと思っています。

アンドレアさんのご紹介でした!