ヒューマンデザイン海外講師紹介:Darshana Deborah Mathews

ここでは、今まで私がお世話になってきた海外の先生方をご紹介していきたいと思います。
お付き合いいただけますでしょうか?

ここまでダーマンとリーラ、アンドレアさん、リネットさんから学びを進めていた私でしたが、
この分野には進まなくてもいいかな、別にそこまでしなくてもいいかな、
と思っているものがありました。

何かと言えば・・・・・Rave Cosmology、レイヴ・コスモロジー、ヒューマンデザインの宇宙学です。

これはそもそも、なかなか難しい分野だと分かっていましたし、
そもそも難しいものを英語で学ぶというのはさらに難しさに拍車がかかりますし、
当初は割と避けている分野でした。

ですが、心が動き始めたのは、DD(Differentiation Degree)で、
身体のメカニズムを詳しく学ぶにつれて、これはどうも、宇宙のことを学ばないと、
身体のことが分からないみたいだな・・・・と感じ始めたことですかね。

※ これはあくまで私の経験からくる感想であって、宇宙のことを学ばなくても
身体のことを理解できる人はいると思います。念のため ※

そんなわけで、悩んではいたのですが、結局受講し始めたレイヴ・コスモロジー、
ダーシャナさんとはそこで初めてお会いしました(オンラインですが)。

ダーシャナさんは、3/5プロジェクターですね。

私がダーシャナさんから受けた講座

2017年 Rave cosmology – The Nature of Stars、Rave Cosmology – The Six Mystical Ways
2018年 Rave Cosmology – Profile, Purpose and Function、​Rave Cosmology – Final Course Cosmology Certification

ちなみにダーシャナさんはIHDSで、コスモロジーとPTLコースを主にやってらっしゃいます。
単発のワークショップなどは開催されていないようですが、それでもかなり多忙を極める先生です。

ですが、クラスでの落ち着き、丁寧さは抜群で、スライドもとてもきれいに作ってあるんですよ~。

ただ、その落ち着いた英語ゆえに、夜中に聞いている私はつい意識が外れがちというか、
時々話を見失うことがあり、最初は少しの戸惑いがありました。

が、いつからだったか、「講義しているダーシャナさん」もスライドと一緒に見れるようになり
(つまり、カメラがオンになり)、その頃から、話の浸透具合が深まったと感じました。

そこはやはりオンラインでも、オーラの相互作用があるのかもしれませんね。
私自身、興味深い経験でした。

ダーシャナさんとのやりとりで特に印象に残っているのは、コスモロジーの認定コースでのことです。

一通り学んだ状態ではありましたが、講座によっては理解できたとはとても言い難く、
まだまだ難しさを感じ、教える自信がない、みたいなことを言ったんですよね。

そうしたらダーシャナさんは、自分もまだまだ学んでいるし、講座開催の前には
今でもラーの講座を聞き直している、少しづつ深めていけば大丈夫、と励ましてくれました。

ダーシャナさん自身、おそらく20年以上ヒューマンデザインを教える立場に
いらっしゃるかと思いますが、ヒューマンデザインだけではなく、その他のことも含めて、
色々学び続けていらっしゃるようです。

本当に尊敬する先生の一人ですね!