ヒューマンデザイン海外講師紹介:Alokanand Diaz

久しぶりの更新となりましたが、引き続きここでは、
今まで私がお世話になってきた海外の先生方をご紹介していきたいと思います。

お付き合いいただけますでしょうか?

私が初めてAlokのリーディングを受けたのは(といっても録音ですが)2015年です。

その頃Jovian Archiveで、16Godheadを学ぶ「Quarter by Quarter」という
オーディオレクチャーがキャンペーン販売(?)されておりまして、

その中で申し込んだ人には、Alokの16Godheadの講座と、
一人一人のミニリーディングがつく、というものだったように思います
(詳細は忘れましたが)。

そして少しして、私のチャートに対する30分のリーディングが
送られてきたのですが、そのときのインパクトと言ったら・・・

これがマニフェスターのインパクトか!と感じました。
Alokは1/3マニフェスターですからね。

当時は、私のチャートのどこを見て、こういうリーディングが
できるのだろうと不思議に思うと同時に感動しました。

たった30分でも、聞く前の自分と聞いた後の自分では、
違う自分になったと感じるほどでした。

今でもあのリーディングは宝物だと感じます。

特に感情センターのことに関しては、Alokは私と
同じチャネルを持っているということもあってか、
とてもしっくりきました。

なので、私は2015年から、Alokの感情センターの説明と
リーディングに関して、深い尊敬を感じておりました。

そんな中、2019年5月、私が知る限り初めてIHDSで
Alokの講座が開かれることが分かりました。
「The 9 Centered Solar Plexus: An Inside Transformation」です。

私がAlokから受けた講座

2019年 The 9 Centered Solar Plexus: An Inside Transformation、LYD(再受講)、PTL1(再受講)
2020年 THE HOMOGENIZATION OF PURPOSE、LIFE CYCLES、AWAKENING PASSENGER CONSCIOUSNESS

とうとうAlokの講座を受けられる!と思いとても嬉しかったです。

そして受講後のことは長くなるので追々講座紹介として書いていきたいと思いますが、
その「The 9 Centered Solar Plexus」以来、再受講も含めて
色んな講座をAlokから受けるようになりました。

現在進行形です。

再受講にも関わらず、本当に学びに満ちていて、
今だからこそ受けられる講座だなと感じます(それでも必死です)。

ヒューマンデザインの奥の深さ、メカニズムの美しさを
余すところなく見せてくれる先生です!